QRコード

QRコード
携帯の方はこちらをお使いください。

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>├Star Gate:SG-1

#138 706 Lifeboat/難破船ストロモス

Stargate:SG-1 Season 7/スターゲイト シーズン7

#138 706 Lifeboat/難破船ストロモス

訪れた惑星で墜落した宇宙船を発見したSGチーム。船の中には1000人以上もの人間が人工冬眠の状態にあった。船の中を探索している時に突然何かの衝撃波を浴びて全員気を失ってしまった。

いち早く気が付いたティルクがオニール、サム、ダニエルを助けるが、オニールとサムは意識が戻らず、ダニエルだけは激しく抵抗した。そのまま、SG基地に戻るが、ダニエルの様子がおかしい。

フレイザー軍医が診察を行った結果、ダニエルの中には10人以上の人格が存在していることがわかった。一つの体に多数の人格が存在することにより、ダニエルの命も危ない。

助けるヒントが宇宙船にあると考えたSGチームは再び宇宙船の捜査を行った。すると、全員眠っているはずの宇宙船の中に動く人影が。どういう訳か、1人だけ冬眠から覚めたクルーがいたのだ。

彼の話によると、宇宙船の不時着によってシステムを維持するためのエネルギーが不足して全員死にかけているということだった。そして彼も既に10人以上の人格を背負っていたのだ。そこへSGチームがやって来たことによって藁をもすがる思いで乗組員の意識をSGチームに移そうとした。しかし、成功したのはダニエルだけだったのだ。

結局、ダニエルを助けるためには意識を解放するほかなく、ナクアダリアクタを船に取り付け、システムを稼働させた。ダニエルからも彼に同居していた意識が解放された(つまり肉体がないので死んでしまったということか)。1人目覚めたクルーも同様だった。


タイトル通り、肉体が難破船の救命ボート(Lifeboat)になってしまったというお話。今回の邦題はまあまあだったと思いますが、宇宙船か何かが不時着してしまったか、壊れたかすぐに想像がついてしまうので、今一つ。なんとかならんものか。

邦題はさておき、今回はダニエルが大活躍。ダニエル役のマイケル・シャンクスの多重人格(厳密には複数の意識が1つの肉体を共有しているという設定ですが)の演技には脱帽でした。今回は本当に難しかった役回りだったのではないでしょうか。

場所は基地の隔離された病室エリアだし、話をするのもフレイザー軍医を含めて数人の限られた人物のみ。いろんな設定がない状況であれだけの人格を演じきったのにはさすがと言わざるを得ませんでした。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://scifitvlove.blog87.fc2.com/tb.php/58-940ad589

コメント

こんにちは。
今回のマイケル・シャンクス、お見事でしたよね。
個人的にはジャネットとダニエルの絡みも大好きです。(o^^o)
ジャックの出演時間がだんだんと減っていることが明確になってきましたが、今回のような展開のエピでは無理なく話が進み、それほど、気にならなくなりました。
それでは、また。失礼いたします。
>porcorosso234さん
お久しぶりです(*^_^*)。
私のBlogって普段あまりコメントが付くような気の利いた文章が書けないので、コメントいただいていたのに気付くのが遅れてしまいました。ごめんなさい。
ああいったシチュエーションだけで演技するというのは、本当に難しいと思います。
そう言えば、今までジャネットととの長台詞ってそれ程多くはなかったような気がします。ダニエルって、いつもジャックと口論しているか、サムと議論しているかというシーンが多いですもんね。でも、そのジャックも出番が少なくなってきているというのは寂しいですね。
Lyena

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。