QRコード

QRコード
携帯の方はこちらをお使いください。

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>Movies

今年の映画

去年は、私にとっては映画はやや不発だった年でした。

年末から今年にかけては、面白そうな映画が目白押しです。

年末に見たのは、今や話題に事欠かない「アバター」。これは非常に面白かったです。これは是非映画館で見ていただきたいと思います。
3D映像はやや猜疑的なのですが、私は普通の2Dの映像で見ました。
普通に映画を見ても頭痛がすることがあるので、3Dで見たら確実に痛くなりそうだったので。
ですが、映像の迫力は満点です。CGでここまでできるのかっていうのを見せ付けられた気がします。
ちなみに、今日発表になったゴールデングローブ賞では作品賞と監督賞を取ったそうです。
さて、今年公開の映画ですが、全部は見れないかもしれないですけどいくつか。

1.サロゲート
  ブルース・ウィリスはどうでも良いのですが、設定が面白そうです。

2.Dr.パルナサスの鏡
  こちらも出演陣は特にこだわりはないのですが、監督がテリー・ギリアムなので、その映像美を楽しみたいと思います。

3.ラブリー・ボーン
  「アバター」の予告編でストーリーと映像の美しさが気になりました。

4.シャーロック・ホームズ

  ロバート・ダウニーJr.がホームズをどう演じているのか・・・
  オリジナルとはかなり違うらしいですが(^^;
  ダウニーJr.は私の中では「アイアンマン」でかなり株が上がったのですが、ホームズは戦っちゃいかんでしょ。
  ま、これがダウニーJr.のホームズになってしまったのだから(アメリカ人が作るとこうなるのでしょう)仕方がありません。評判によっては見にいかないかも。

5.ダレン・シャン
  ティーン向けのヴァンパイアものですが、原作を原書で読んでみて、あまりにもグロイ描写だったのでまさか映画になるとは思っていませんでした。生々しい描写は省かれてしまうかもしれませんけど、ヴァンパイアものは面白いですね。

6.アリス・イン・ワンダーランド
  ジョニー・デップ出すぎと言われているほど最近は立て続けに出演してますが、ティム・バートンとジョニー・デップのカップリングで作られた映画なので、映像美が楽しみです。それよりもアリスは学生時代に研究対象に選んでいた作品でもあるので、思い入れは結構あるのです。
実はアリスは児童文学ではありますが、その背景を知るとイメージがまったく変わってしまいます。
そういう作品をティム・バートンはどんな風に撮ったのか気になるところです。

とりあえず、気になる映画はこんなところです。
さて、何本見られるでしょうか。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://scifitvlove.blog87.fc2.com/tb.php/553-3d9a2f67

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。