QRコード

QRコード
携帯の方はこちらをお使いください。

HOME>スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
HOME>├TV Shows全般

プッシング・デイジー ~恋するパイメーカー~ 第1話 パイメーカーの秘密



プッシング・デイジー

ネッドは幼い頃、愛犬の死をきっかけに自分に不思議な力があることに気付く。
自分が触れるだけで、死んだものが生き返るのだ。
そして、その力を使って色々と試すうち、いくつかの法則があることを発見する。

1. ネッドが死んだものに触れると生き返る
2. 生き返ったものに、再びネッドが触れると永遠に死んでしまう
3. 蘇らせたものに、60秒以内に再び触れなければ 他のものが代わりに死んでしまう

成長したネッドは、腕のいいパイ職人として働いている。彼の力のおかげで、食材が新鮮に保たれ、美味しいパイを作ることができるのだ。ネッドは自分の力を隠していたが、ひょんな事から私立探偵のエマーソンに、その秘密を知られてしまう。



先週録画しておいた第1話をようやく見ることができました。
見た最初の印象は、ファンタジー映画のような印象で、色使いがとてもポップで優しい感じがしました。
ストーリーは至って簡単で、子供でも十分楽しめるような内容だと思いました。
ナレーションがいいですね。物語を読んでいるかのような感じに仕上がっています。

ネッドは死んだものを蘇らせる力を私立探偵に見られてしまい、賞金稼ぎの片棒を担ぐことになってしまったが、まんざら悪いことだとは思ってなかった。
幼なじみのチャックが船で殺されてしまったニュースを見て真相を暴くため彼女を蘇らせる。本当は賞金5万ドルも欲しかったのだと、後で告白。
でも、やはり好きだった女の子。そのまま再び死なせてしまうのがかわいそうになったのか、ネッドが本気で好きになってしまったのか、再び彼女は死ぬことはなかった。その代わり、悪どい葬儀屋が死んでしまったが。
チャックの2人の伯母さんたち。なかなかの変わり者です。
ナレーションで伯母さんたちの経歴が淡々と紹介されていきますが、シンクロのパフォーマーだったんですね。
結局、チャックを殺した犯人はリリー伯母さんがショットガンで撃ち殺してしまい、5万ドルの賞金をちゃっかり手に入れてしまいましたね。

ファッションといい、色使いといい、原色が似合うポップなファンタジードラマです。
第1話は、ネッドとチャックの再会とその秘密の力をどう使うかが決まったお話でした。
しかし、飼い犬のディグビーは10歳の時にネッドが生き返らせたままなので、ひょっとして20歳くらい?
永遠に死なないのでしょうかね・・・
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://scifitvlove.blog87.fc2.com/tb.php/548-499063ee

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。